スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるまじき事態

あ~、初っ端からなんですがこれだけ言わせてください。
学校にmp3プレイヤー持ってくの忘れた!!!!!!!!!!!!
本日の休み時間の暇つぶしはI'veヘビロテと決め込んでいたので読書用の書籍すら持ってきてなかったという体たらく。苦痛と苦悶と苦難以外のナニモノでもなかったですよ。最初の休みの10分はまだ良しとしましょう。しかし2~3時限目の間の20分間小休止中は頭の中に同じ空の下でとかさくらんぼキッスとか明日への涙とかFLY TO THE TOPとかHALLUCINOとかanother planetとかDROWNINGとかRe-(以下省略)が断続的に脳内再生されるはで。特に辛かったのは4~5時限目の45分間(予鈴後の猶予含む)の昼休み。昼食中はメシの事ぐらいしか考えること無いからまだ良し。
しかし、たいらげてしまえば最後。禁断症状に悶え唸り苦しむ自分。
脳内連続再生はもちろん足は音頭をとり手もリズムに従い咽喉からは歌詞が搾り出される始末。傍から見りゃ精神ラリリで怪しすぎる変人以外の何者でもなし。
………や、帰宅後は晩飯までの4時間聴きまくりでしたがね。なんか心なしか鼓膜が痛い気がする。自分の風評のイタさはともかく。

……一応波乗りネットで見つけたネタはあるからね?さすがにこれからの前置きネタにしていくかどうかはともかくI'veだけじゃ昨日と同じだしねぇ。

…まぁともかく本日見つけたネタでもいってみようか。

時間飛行 - あなたの前世・現世・来世を診断します

みるからにこじつけくさい妖しい題名のサイトでしたが興味をそそられましたので診断してみました。

結果……

名前は入力しても生年月日や性別、血液型を入力しないというあなたは秘密主義者タイプ。
いつも謎に満ちているあなた、人の秘密は知りたがるのに自分の秘密は隠したがるなんとも都合のいい人です。ですがここはあなたの本質を知るための診断サイト。生年月日も性別も血液型も全て結果に反映されます、きちんと入力してから診断に臨んでください。

……えぇうそぉ、やり直し?

数分後、今度は生年月日も血液型も入力して2度目に臨んでみました。

結果はこちらに。

いや、もはや、これ、全く持って、その通りで。
悉く自分の弱点盲点コンプレックスを言い当てていてビックリした。予備軍なのは解ってた事だから今更感を抱きましたが。
しかしモラル面での評価が素直にいただけない。
「基本的にはマナーを守る、けれど悪ノリすると守れない。そんなあなた。良くも悪くも普通といったところでしょうか。守るべきところは守る、ふざける時はふざけるときっちりできるようにしましょう」
ええ、マナーは守っていますとも。遵守していますとも。
ペットボトル投げるようなクラスの連中の悪ノリに乗っかるほど愚鈍じゃありませんよ。

聞いた話ですがどうやら私のクラスは学年中一番治安が悪いクラスとしての風評が職員の間にあるみたいです。そりゃ喋り捲っているのは当たり前として授業中にトランプ広げたりクラスの殆どが担任を目の敵にして「辞めろやヴォケェ~!」とか叫ぶやつがいたり担任に向って紙飛行機と紙屑を投げつけたり授業中に口笛が聞こえてきたりそれを教職員が咎めたら「○○がやった」と適当な濡れ衣をほざいたり人に向って消しゴムのカスとかペットボトルとか銀紙丸めたものとかゴムボールっぽい謎の物体を投げつけたりするようなクラスじゃ監督の先生が付き添うというものだろうよ。

ちなみに消しカスとかペットボトルとか銀紙丸めたものとかゴムボールっぽい謎の物体を投げつけられたのはクラスで自分だけでしたがナニカ?
その後投げつけた生徒2名を停学処分に陥れたりしましたがナニカ?
しかしその生徒が停学から帰ってきた後からクラスの男子中心で「停学処分にするぞ!」「停学や!」とか会話にふざけて使われる始末。
おまけとしてとして学年の賑やかしな男子中心に未だに停学ネタで弄られる事がありますがナニカ?
お釣りとしてつい先週は出入り口近くの自分の席に座っている時に首筋に指はじきされたり校内の廊下を曲がり際に背中蹴られたりされてしかも視線を向けても誰かが出入り口から遠ざかってたり廊下の角を曲がる足が見えたりしましたがナニカ?

なんかイロンナイミデオワッテイルクラスですよ。他のクラスの治安は知る由もありませんが酷ければ学年全体が危ないぞコレ。
居てるだけで気疲れがする教室なんて初めてだぞ本当に。
出来うる限りならあのクラスの中にいる人とはこれから一切合財縁が出来ないことを祈るばかりだ。
とはいっても騒がしいのは学年全体から見れば微々たるものでしかないのでしょうがワシのクラスには必要以上に集中しすぎ何この混沌空間(カオスフィールド)?

なにやら途中から社会的に色々ヤバイことを書いている気がしますが気のせいです。気のせいと思えば気のせいなんです。そうなんですきっとそうだそうに違いない。


本日は切実な心情を吐露しつつ終了。では。





あ…BGMつけなきゃ。有言実行有言実行。

Todays,BGM・I pray to stop my cry -little sea style-/川田まみ
スポンサーサイト

窮地における心理状態

部活先でコミックボンボンの連載作品だったメダロットの話が出てきました。懐かしさと共に未だ連綿と受け継がれる記憶と幅広い支持層に感嘆の意が隠しきれませんでした。
サイボーグクロちゃんの話も出てきたし、もう何も言うことはありません。
……なんで今のボンボンはああなっちゃったのかなぁ…。
とは言いつつも未だにSDガンダムフルカラー劇場購読し続けているんですけどね。あれは傑作。ガンダムファン必読。


本日のおさらい的なことも書きつくしてしまい、やること書くこと語ること一切合切なくなりました。
昨日はやることなすこと暇なので試しにブログ弄ろうかとか思いましたがタグの時点で諸手を挙げているヘタレな自分では遠い次元の話なので、昨日は気に入ったサイトのリンク追加とかマイBlogバナー作成とかを突発的に敢行したりしました。
が、そうは言っても時は無常に過ぎ行くだけです。待ってはくれません。
もう一度同じことを言うならやること書くこと語ること一切合切なくなりました。
…や、語ること、というより語りたいことなら幾等でも沸いて出てくるのですが、ただ、今の私が口を開けばI'veのこと位しか語らなくなるのでそれは避けたいところです。

だってよ~ガッコの奴ら(主にクラスメイト諸君)は殆どがアニメに興味ないカタギだしよ~興味持ってても自分の対象の範囲外の週刊少年ジャンプ系だしぃワシよりこの手の文化にのめり込んでいる先輩はI'veには露ほどの興味も感慨も浮かんでないしそもそもワシの周りでI've知ってるヤツいねぇしよ~。

……さて、愚痴言い訳も一通り言ったことですし思う存分恣(ほしいまま)にI'veについて語らいませうか。


以下、過度の情熱と敬愛の念に駆られた一信奉者のイタすぎる戯言が文面を覆い尽くすことが予想されます。そのためブログが大いに見苦しくなり不快感を催される可能性がありますので以上の点をご了承いただけた方のみご拝読お願いします。


続きを読む

納得の境界線

なんかリンクにエロゲメーカーが2つほど追加されていることに関してはスルーして頂ければというかそうしてくれ。

ネタがないネタがないと苦悶に満ちた毎日の末に自己紹介というどうしようもない状況下、やはり手をこまねいて何もしないという訳には行きません。
そんなときこそネット徘徊。その気になって探せば幾らでも何時までも沸いて出てくるネタの宝庫。
やはりネットは偉大だと思い知りました。

本日のネタの前にまずはこちらをご覧ください。というかネタにも関わってくるから見てくれないと困る
まぁ散々ネットでブーイングされているから今更見るまでもないかもしれませんがとりあえず知らない人のためにも。

コードギアス第2期OP

放送された直後から
「何言っているか聞き取れない」
「声がアニメ自体に合ってない」
等の批評が相次いでいる反対の意味で話題になったOP。
や、初めて聞くと本気で何言っているか聞き取れない

正直な感想を言えばジン単体で言えばそんなに悪くないと思います。
私自身ギターサウンド大好きだし、ボーカルの良し悪しは人の感性の問題になりますけど私は賛同は出来ないまでも許容は出来るレベルだと思います。
しかし、ねぇ、映像と全然一致も合致もしていないんじゃあそれこそ興が削がれるというものです。
結局総合的に今期のOPには賛成できない結論になりますけど。

そんな「今期のOPには納得できないんだよ―――!!」という人はこれから見せる2つの映像(Youtube製)を見ると幾分か納得できると思います。毒気抜かれます。いやマジで。
私自身がこれらを見てからOPに対する解釈が若干変わったし、結構おススメ。まぁ結局納得するかしないかを決めるのは映像を鑑賞した人ですけれど、それでも一見の価値ありの映像です。


1発目。歌詞を理解すること
大多数の人は初めて聞いて歌詞を理解できない人が多いようですからまずはこちらから。

コードギアス第2期OP・歌詞付属

こう言っていたらしい。そう思えば聞こえなくもない。
んで、それらを踏まえたうえで、この差し替え映像。俗に言うMADムービー。

コードギアス第2期OP MAD

なんかイロイロ意識していると勘繰りを入れたいくらい映像が合っていて音楽も聞こえがよろしいのですが、これは何か?一種の思い込みというヤツなのか?と、思いました。

これらを踏まえてもう一度


コードギアス第2期OP

……まあ聞いてて納得できなくもない感じになっていれば概ね狙い通り。
これら予備知識…ならぬ予備鑑賞があれば
「聞いたけど納得できない!」
という感想は無くなったでしょう。


無くなった…でしょう。
無くなった……はず。
無くなった………といいな。

自己紹介

気が向いたときに少しづつ手を加えたりしてますがあまり変わり映えしないのは仕様です。



名前・バニッシュ

根っからの平成生まれで2007年に大人の階段を上りきったばかり。
身長185センチの木偶の坊。

一人称は時と場所と場合によって十重二十重に変化。
主に
「私」「ワシ」「自分」
を併用する。最近はワシがデフォ。

他人と会話する時に大仰に身振り手振りを実践している。
が、元来喋るのが余り得意ではないので会話自体が成立しないことが多い。
そもそも何か話せば周りの空気を自分色に染め上げてしまうので大っぴらに話せない。

親族から「おじいちゃん」友達から「おっさん」と言われたことがある。
ソンナニフケテミエマスカ?

保育園の頃からスーパーファミコンを嗜んでいた真性のダメ人間。
時々奇行も見られる。(ひとりごと突然笑う音楽聴いて体がリズムに乗るetc)
小学生時分が特に目立つ。(廊下に蹲るいきなり叫ぶetcetc)

初めて買った漫画雑誌は小学2年生時分にコミックボンボン。
1999~2003年までの連載作品が大好きで特にサイボーグクロちゃんとウルトラ忍法帳とデビルチルドレンは今でも強く推したい作品。
休刊に非常に複雑な心境だったりする。

どこをどう人生転がったのかオタクに成り果てる。
思い返せば中学の頃にその気はあったような気はするが本格的に覚醒したのは高校入学から1ヵ月後くらいかもしれない。
散財対象はライトノベル・漫画・一般ゲー・エロゲ・CD。

お気に入りの属性は状況によってまちまちで多岐に渡る。自分でも把握しきれていない。
特に色濃く反応するのは「立場・幼馴染/性格・天邪鬼/容姿・炉利」

電撃文庫とI'veSoundとTEAM BALDRHEADに崇拝心に似た感情を抱いている。
自分にとってのオタクとしての基礎を築いてくれたので。

メインマシンは市販のノートPCでFMV。下手に弄れず不満に思っている。
将来勉強して自作PCでも組もうかと画策中。きっと無理。

2008年ごろから音系ジャンルに力を注ぐようになる。
お気に入りは敬称略アルファベット・あいうえお順で、
ALI PROJECT・Alstroemeria Records・Angel Note・ave;new・Barbarian On The Groove・Blasterhead・Blueberry&Yogurt・CLOCK MUSIC・CLOSED/UNDERGROUND・Elements Garden・encounter+・eufonius・FictionJunction・FISH TONE・fripSide・Funczion SOUNDS・hosplug・i.o.sound・I've・JAM Project・Key・Little Wing・love solfege'・M.Graveyard・Maple Leaf・marble・marble sky records・milktub・MintJam・MOSAIC.WAV・onoken・Peak A Soul+・Silver Seats studio・Sound Horizon・Sound Online・studioCampanella・Tynwald music・WAVE・ZIZZ STUDIO・ウサギキノコ・大嶋啓之・岸田教団・東方・電気式華憐音楽集団・ピクセルビー・水月陵・柳英一郎・妖精帝國
自重しなかった結果がこれだよ!

自己紹介前置き

ブログ開設をしてはや3ヶ月半経ちました。1年の約4分の1です。光陰矢のごとしです。
ブログに来訪してくれた人も3桁になって久しい今日この頃ですが、
今更ながら自己紹介していないことに気が付いた。
やっぱり初めて来た(あるいは来てしまった)人に対しての配慮と際慮のためにも自己紹介は書いておいた方がよいのではないか、と思っています。
もちろん先にも述べた通り「今更どうでもいいんじゃね?」的なことかもしれませんが、
ハッキリ言えば以前にも言ったとおりネタがないからというのが本音だったり。
もう毎晩PCの前に座ってキーボードを打鍵しては消して打鍵したりは消しての順繰り堂々巡りエンドレスループ状態なのでそろそろスランプから抜け出したいと切実に思いながらもやっぱりネタがう浮かばねぇやどうしようどうしようどうしようどうし……(以下略)……しようどうし、そうだ、自己紹介書こう!と底の浅い思慮の末に今PCの前で更新作業中です。

という訳でいまから自己紹介用テキスト制作してきます。早くて夜中3時頃更新予定。
以上、前書きでした。

モノは試し

手持ちの音声データの一部を貼り付けて実際にどうなるかテスト。
アップロードできるファイル要領が上限500KBまでなので手持ちのファイルを17秒弱に切り取って貼り付けています。

The end of summer

はてさて一体どんな感じになるのやら。

追記・もう一本追加してみる。

Crazy For You -FROOR STYLE INSTRUME-

今回はこれら音声データのテストで更新終了。まだまだ弄り甲斐があって結構喜色満面な心境だったり。

ドン詰まり

本来ならそろそろ前回前々回のような心中を吐露し続けるのもやめて通常業務に戻るべきなのは分かっていますが如何せんメンタル的には完璧に持ち直していても書くネタが底を尽いています。
あとがきを書いている作家ってこんな気分なのかな~とか答えの出しようのない思案に耽ってみたりしていますがどうにもダメですネタが浮かびません。只でさえ乏しい自分の創造力の限界をヒシヒシと感じつつただいま手探りで必至にテンポよくつなぎ合わせようと適当に書いております。


という訳で繋ぎのために今現在の私のPCのデスクトップ画像でも。

WS000000.jpg

ダメ人間オーラをこれでもかと垂れ流し醸し出しているぴすぴすのデスクトップ。
こんなPCでゲームとかプレイしたり音楽とか聴いたりしています。
左半分に設置されているショートカットの半分以上がゲームで覆い尽くされているのはこの際無視。
雑多なデスクトップですがよくよく見ればブログで紹介し切れなかった同人ゲームとかえろげとかが見つかるのはご愛嬌ということで。


PCから音楽を聴くとき暫くは順当にWindowsMediaPlayerを使っていましたが最近はMP3エンコーダ他とイロイロ機能が充実していてセットリストが見やすくてあと色の好みiTunesにご執心です。メモリが容量使いますけどね。

WS000003.jpg

WindowsMediaPlayer

WS000001.jpg

iTunes
うん、やっぱりこっちの方がいい。
今のところiTunesのセットリストを占有しているのは専らI'veな訳ですが
一体どれだけI'veがHD占領しているのかな?とか思いつつ見てみると、

WS000004.jpg

………………………………なんじゃこりゃあああああぁぁっぁ!??!!!!?!!!?
や、本当に本気で損気も無く驚いた。何時の間に……。



とかイロイロデスクトップ公開とか音楽環境の未開拓部分を掘り出したりしていて本当に書くこと無くなったところで本日の更新は終了。
きっと何かいいアイデアが出るといいなと先行き不安な希望を抱きつつ寝ます。おやすみなさい。


うぐぅ。(違う!)

謝礼

前回の更新の後に諸所で、色々な、反応を、いただきましたが、自分自身が更新後はある程度冷静でなかったことも鑑みた結果、1日間を置いてから返信ということになってしまいました。
この場を借りて、反応をいただいた皆様に深くお詫び申し上げます。

同時に、

私以上に大変でありながら励ましてくれたホビーくん。
恥じることはないと後押ししてくれたそらポテトくん。
人生の先輩としてアドバイスしてくれた折柴みそらさん。

以上の方々に最大級の感謝と謝辞をささげたいと思います。
叱咤激励ありがとうございます。大変励みになりました。
管理人冥利に尽きます。感謝の言葉もありません。



理性と自制は流石に1日間を置いただけに何時も通りに働いてくれているので明日からは通常通りに世の中なめきった軽妙で奇矯な文章というにもおこがましい文体に戻っていると思います。

まあ結局は自分の心理状態に依るんですがね。
払拭しきれたわけでもないけど何時までも拭い続けても仕方ありませんから。
引き摺るよりは捨て去るが吉。
明日からは何時も通り。そう願いたいです。




とかのたまっていますが冷却期間中だった1日の間はPC付属イヤホンからはI'veSoundがエンドレスだったんですがね。
Imaginary affairを聞いたときは本気で泣きそうになった。

1番サビ
「ここから見える明日を追いかけていたい
小さくたって汚れてたって他にはない
遠く広がる丘に登りつめた時
何よりも輝いて僕等を照らし出すから」

2番サビ
「ここから見える明日にエールを贈ろう
切なさだって淋しさだって胸の波動
降り止まない雨などここにはないから
僕にだけ頷いて その涙もう拭きなよ」

3番
「振り返る坂道
時に泣いた弱虫な僕等の足跡に花が咲いてた

ここから見える明日の絵日記描こう
平凡だって歪んでたって それが証し
何気ない顔をした朝日に会えたら
そよ風の真似をして この道歩いてゆこう」

心理的に不安定だった時に聞いたからなのか感極まるものがあった。
1番は妄想だとしてもまるで自分の未来を提示されたかのような、
2番は周りの方々のように励ましてくれる人がいると指し示しているような、
3番は啓蒙思想だとしてもこれからやるべきことを見出せたかのような、
そんな時の、その時の、不確定な自分を指しているようなそんな気がした。
そんなクールダウンをして過ごしていた日曜日でした。


そうやって思うところも踏まえて、もう一度言いたいです。
しつこいと言われようとも言いたいです。

叱ってくれてありがとう。
励ましてくれてありがとう。
ココロの其処から、こころの底から、ありがとう。

ささくれだった心中

本日の更新は大変自分本位な話であり自分の心中をありのままにオブラートに包み隠さず直に感情を表現するという事態に陥りたいぐらいに心が不安定で不確定ですので文章的に文脈的に見苦しい表現をお見受けになっても
「嗚呼イロイロ不安定だったんだなぁ」
程度に流していただければ幸いですもう何か書かないとつらいんですそれでははじめます。

寝る直前に父が言った。
「のめりこみすぎるな」
それはささくれ立った気持ちを一層強くした。

当然のことながら私は将来的にえろげオタになること確実といってもいいほどのダメ人間です。
しかしダメ人間でも腐っても人間ですから生みの親だってちゃんといます。いなけりゃこうやって更新していない。
しかしなんであれ生みの親とは血が繋がっているのだから仲良くやっているとかそんな理想を掲げられるのなら掲げてみたい気持ちです。

私は一人っ子です。
あんまり表沙汰にしても仕様がないことですが別に隠すことでもないので吐露しますが両親から話しを聞く限り私は2度の流産を超えて生まれてきたのだそうです。
つまり本来なら三男に生まれるはずだった。
何かが噛み合わなくて一人っ子になった。
……本当なら私にも8歳下の妹か弟かが生まれてくるはずでした。
喪った時の悲しみは色濃く記憶に刻み込まれています。

2度の流産の果てに生まれた私は両親から大切に愛情と慈悲と情けと慈しみを以って育まれてきました。
2度も家族を喪っているとなればなおさら。
私はたった一度でも打ちのめされたのに。
だからこそ畏敬と尊敬の情を何も憚ることなく抱くことが出来る。
成長して聡くならなければそんな感情のままに生きられたのかもしれませんが今更不可能なことです。

私は家族に愛されている。
だけどその愚直なほどに真っ直ぐすぎる信念は時として家族すら傷つける。

母親は柔軟に理解のあるヒト。
類まれなる包容力を以って世間に対する認識を的確に読めるヒト。
だからこそヒトの思うところ考えるところを漠然と理解し、受け止める。
理解のある母親。

父親は堅気に理解のあるヒト。
古き良き昭和を好みながら漠然と平成の世の流れを「知識」として知りつつも「理解」には遠く及ばない昔気質なヒト。
常に自分の大切なモノを心配し、だからこそ何にも憚ることなく、時として重荷にすらなり得るほどの気遣いを向けてくれる。
真っ直ぐにしか生きられない父親。

父親は兎にも角にも私自身に対する執心は誰にも負けない。
自分が正しいと思えることを、しかも結構当たり前でありながら大切なことまでも平気で口にする。

本を読め……そう最初にそう父が言ったのは私が中1の時だったか。
当時の私は本という活字に感情と物語を載せる媒体について最初は最小限より最低の露ほどにも興味を持たずに聞き流していた。
しかしそれこそ3度目の正直の時、私はうんざりしながらも何かお誂え向けな本は無いものかと本屋に出向いた。反抗心はおくびにも出さない。平常心の均衡は普遍な日常の均衡と同様だから。
其処で出会ったのが我が敬愛すべき時雨沢恵一先生の「キノの旅」だった。2月初頭のころだったと思う。
以来時雨沢先生を中心に私の生活は激変した。
その後本気で電撃に目覚めるのは中3のころになる。
活字の潤いを知った瞬間だった。

決定的だったのは高校1年の初頭。まだ草木が桜色一色に染められている4月の末日。
「バルドフォースエグゼ」に出会った。
これ以後1年かけて「オタク」としての基盤も築かれていった。

母親は変わっていく私を優しく、時には好色を示して見守っていた。

父親は変わっていく私に難色を示し、時に否定の色も掲げていた。
「知識」としてその趣味に対して受け入れはしたものの、やはり難色を示しているようだった。

もっと本を読め……と父は言った。
そんなに遠い話じゃない、と思う。
量、の問題ではない。
種、の問題なのだ。
当然の如く私は目下ライトノベル系統しか読んでおらずしかも漫画はおろかえろげにすら手を出しあまつさえフィギュアにも対象に入れている。
これを「オタク」と言わずしてなんと言うのだろうか。
流れの如く私は趣味に「退屈しのぎ」以上の「ライフワーク」としての意義と意思と意味を含ませてやってきている。
必要以上にのめり込んでいるように見える―実際そうなのだが―のも当然といえる。
「理解」に遠く及ばない「得体の知れない趣味」に許容量以上にのめり込む様は父から見れば酷く将来に対する一抹の不安も拭えないだろう。
つまりは、心配なのだ。
不安なのだ。
愛しいからこそ、心配で。
慈しんでいるからこそ、不安で。
けど、純度の高すぎる過多な愛情は時として鋭利な刃物に代わる。
分子上液体のように不安定で脆い硝子のように。

ある日の昼。
父がノックもせずに私の部屋に入ってきた。
私は大絶賛えろげの真っ最中だった。
普通の会話シーンで助かった、と思った。
そんな心中を知ってか知らずか、父は言った。
「それは何だ?」
持ちろんえろげのことだ。
私は無難に「読み物系のゲーム」とだけ答えた。
「そうか…、あぁそれとお前、そろそろDVDレコーダーのHDに録画したモンDVDに写しとけよ」
言われるまでもない。
心にそっとしまっておいた。
しかし嫌な予感は拭いきれなかった。

予感は的中した。
「いい加減にしなよ」
そう父は私が寝る直前に切り出した。
「程々にしとけよ」
話は続いていく。
「のめりこみすぎてもあかんぞ。どうせその場なんだからそんなに必至になることもない。将来続けていくような趣味でもないだろ。その場だけなんだから。もう一度言うぞ。程々にしとけよ。PCにばっかりのめり込んで。仕舞には怒るぞ。PCも捨てるぞ。わかったな?
それと最近寝不足だから12から1時までには寝ること」
「…………」
「わかったな?!」
語気に怒気が加わった。
「………はい」
そう答えるしかなかった。
こうやって自分の意見を言っている時の父はテコでも信条を曲げない。
17年の経験で知っていることだ。

父の言っていることは本当のことだ。
「深入りするな」
「一時の喜びなんだ」
「将来はどうする?」
そんな有体ではあるが的を射ているのもまた事実だった。

だけど、正直、つらい。
以前にも父親に集めていた漫画について「こんなもんのどこが面白いんだ?」と追求されて「女の子の本を読むな」と漫画を床に叩き付けられ、以後父親による作者批判(作者は頭がおかしい云々読んでいて恥ずかしいぞ云々)を延々浴びることになったのは過去ログにも言及してある筈。ちなみにその時批判の対象になったのは苺ましまろとローゼンメイデン。
全否定されたのだ。
叩きつけられたのだ。
それが赦せなかった。

父は私のことを心配してあんな事を言っているのだろう。将来に先が見えない趣味であることも否定はしない。
しかし私はそれに輝きを、享楽を見出したからこそ、本気になれるのだ。
この気持ちは誰にも侵させはしない。
ライフワークは誰にも汚させはしない。
踏みにじるのは大罪だ。
全否定は原罪だ。
あきらめろ。私の愛しくも憎々しい父親よ。
もう終わっているんだ。終着点なんだ。どうしようもないんだ。
諦観を以って静観に臨んでくれ。
そうしなければこのやり場のない私の中のどす黒い怒気が自然に治癒することもなくなってしまう。

認めろ。いい加減に認めろ。父親よ、お前にはもはや選択の余地はない。
PCを捨てると脅すことは反抗心を煽るだけだ。
やめておけ。
止めておけ。
病んでいる私に健全な言葉は通じはしない。
お前がこれからも私の趣味を、享楽を、ライフワークを認めずいなさず全てを否定し、あまつさえ強硬手段に乗り出すというのなら、

全力を以って全身を使って全霊に準じてお前自身の存在を否定してやる。


言葉は偉大だ。思うことを想うことを吐露すれば全てがカタチになって自分の外に出ていってくれる。
やり場のない、面と向かって言えもしない臆病という感情を体現させたような虚勢を張った怒気を交えた言葉さえも、私を静めてくれるカタチとなりえるには十分だった。
しかしもはや言葉は不要。
今はまだ家族としてあのヒトを見ることが出来るようになっただけでも上出来だ。

だけど、
いずれ、
享楽の是非で、
道を違える事で、
怒気を祓えなく、
なってしまう時、
私は、


あのヒトを、
家族として、
視る事が、出来るんだろうか……?

睡眠不足継続中

すみません更新滞っていたのはぴすぴすが面白かったからなんですとえろげに責任転嫁して始まる朝っぱらの更新。

何でこんな朝っぱらからの更新になるのか少しばかりいい訳でも言わせてください。
前回の更新の後、迷わずに躊躇わずにぴすぴすをPCにインストール。
前半のコメディ的なノリが面白すぎて時々吹きながら深夜3時くらいに就寝する生活を毎日繰り返す。
さながらデッドレースの如く。
しかしそれでも身体のほうはベッドの方を本能的に求めてくるわけでして、
昨日も晩御飯を喰い潰した後に部屋に戻ってぴすぴすやるかな、と思っていたが…
「そういえばまだ読んでない本があったなぁ」
とか考えたのでベッドで読み始めたのが午後10時くらい。
部屋で本を読むときはベッドを使う癖が出てしまうらしい。
それから30分。急に目蓋が重くなってきたので少し本を閉じて休憩したらまた読もう、とか飴よりも甘い考えで目を閉じて……
気が付けば朝の5時でした。わぁ朝日が眩しいね。
もちろん晩御飯を喰い潰してからそのままでしたので着替えはもちろん湯浴みも歯磨きも一切合財やっておりません。不潔!どうしてこうなるんだもちろん自分のせいですが。


まぁ毎日こんな感じにどうしようもなく生きてますよ?
本日は結果的に生存確認の更新でした。
では。

余剰分

基本的に私はお年玉の管理を親に任せています。渡されたお年玉はすぐに親に渡して後はそのまま放置プレイ。
というのも今迄お年玉の8割がたをを貯金に回してきたので自然と親に渡す癖がついているらしい。
そんなお年玉の余剰分を親との交渉の末あと1万円使っても良いということで…

IMG_0340.jpg

さっそく人生初のフィギュアの原作「ぴすぴす」ことPeace@Piecesを買収。
只でさえPCの中はえろげの山々山山ヤマなのになんだこの破滅的欲求。
小説だって未読のヤマ山山々山なのに何故こんなことに…。


まあそれでもやれるだけヤルつもりですがね。
でわ。

欲望と煩悩と妄想と

デジカメを忘れてしまったので結局風景なんぞ撮れませんでしたが、
日本橋に行ってまいりました。ビバ。
今回の訪橋は前回の更新を参照にした通り朝8時に友人Uと無事合流。
その後は日本橋に着いたのはよろしいものの9時20分頃という目ぼしい店の開店時間40分前と早く着きすぎたのでミスタードーナツで朝食したりメルブラverB.で暇つぶししたりしながらもようやく開店時間になったところで以下のようなスケジュールで店巡り。
10時20分・とらのあな なんば1号店
10時40分・とらのあな なんば2号店
10時55分・ゲーマーズ なんば店
11時07分・コトブキヤ 日本橋店
11時15分・メロンブックス 大阪日本橋店
11時37分・ソフマップ 大阪・日本橋1号店
11時45分・パソコン工房 日本橋本店
12時03分・まんだらけ なんば店
12時21分・K-BOOKS 大阪なんば店
12時32分・アニメイト 日本橋店
と廻り巡って三千里。12時47分に日本橋を出発。
家から最寄の駅に着いたのは2時丁度くらいでそこからお互いに歩いて帰宅する。
別れの挨拶も程々に、家路について帰ってこれたのが午後3時。

そんな日本橋小旅行でしたが…
イヤ~いい買い物したなぁ!!
と素直に思える素晴らしい買い物でした。
…財布が氷河期に突入しましたけど。(泣)
具体的に財布財政状況を網羅すると、
出発時の所持金・18282円
帰宅時の所持金・17円
……一体何があったんだ?!!!??!(意味を成さない自問自答)
これで今月はな~んにも買えなくなりました。
だが悔いはない。それは欲しいものだったから問題はないのですよ?(疑問符)

という訳で18265円分の買収物公開です。


続きを読む

読書の冬

DDD1が面白すぎてブログ更新を忘れていました。というよりここ三日間は寝る間も惜しみ毎夜4時近く位に寝ては3時間の仮眠を貪り学校に通い詰めて帰ったら帰ったで晩飯まで昼寝を繰り返していただけですが。
読み終えたのは昨日の4時15分頃だったと思う。丸一日経過してようやっとブログの更新にありつけるこの至福感。大事にしていきましょう。

本日の私は部活動によりちょっとした手伝いに狩り出されていました。
まだ話していないことでしたが私は部活動に二つ所属しています。
一つは仮の形で部長ですがPC部。
もう一つは入学時に大変お世話になった恩師の先生が顧問のボランティア部。
本日は後者の部活動で所謂奉仕活動―またの名をボランティア―というヤツの手伝いにガラにもなく(失礼)狩り出されていたわけです。
めんどくさい時もあることにはありますが、まあ自分自身も時々愉しく感じるから+-0。

しかし今回の奉仕活動は冬休み前には日程が決まっていたものの私自身が冬休みボケで耄碌したかの如き記憶力の低下に陥っていたのかきれいさっぱり忘れていました。
別にそれがどうしたと周りから見れば思うかもしれませんが私にしてみればそれは絶望にしか成り得ませんでした…。

繋ぎのための話題変換。
冬休みの間はコミケに行く予定がポシャッてしまいこの上なく歯痒い気持ちに地団太踏んだものでした。
肝心の品であるFate/Zeroを買収出来なかったのが最も悔しく苦しく口惜しかったものです。
そんな地方組への唯一の救済が「委託販売」です。
当然の帰結として私はZeroの委託開始である1月13日に朝一から日本橋に狩りに(買いに)行こうと計画を練っていたのでした。
………ボランティアの予定と重複しているのに、です。

ええもう話すまでもありませんが以前から計画されていた奉仕に行くかそれらを全て投げ打って日本橋に行くかという究極の二者択一を迫られるという葛藤に苛まれることを余儀なくされたのです。
しかし選択肢は最初から一つしかありませんでした。
集団の事情に個人の事情を差し挟むなど愚の骨頂以外の何物でもありません。公私混同言語道断。
そんな訳で泣く泣く私はその日の日本橋小旅行を断念したのです。

だが、その程度で諦観に溺れるような私ではありません。
諦め悪く意地悪く這い蹲ってでも手に入れたいものです。

な・の・で
明日は明日の風が吹くという単純極まりない理由で日本橋に繰り出そうという結論に至ったのでした!
……………実はここまでが前置きだったり。(長すぎ)

はい、という訳で私は明日約2ヶ月ぶりの日本橋への小旅行を敢行します。
日程の重複に気付いた時はもう本当に悔しくてくやしくてクヤシクテ……――――――(思う出し泣き中)
でも日程がただ一日ずれただけの話でそんなに取り立てて話題にすべきでもなんですがね。

そんなことを思いながらも学校帰りの通学路で計画を練っていたりしていた何時かの帰り道のことでした。
その日、偶然にも友人であるU(Sとは別人)と出会いました。過去にSoundHrizonの曲をプレゼントしてくれた人です。只でさえ交友関係の狭い私の数少ない友人です。
偶然となればもちろん会話にも花が咲き果実が実る晴々な雰囲気になります。
そんな会話中、
私「お前さん一緒にいこうか?偶には一緒に出かけるのも悪くないだろうよ」
U「いいけど…どこで待ち合わせする?」
私「最寄の駅前に朝の8時でいいかね?」
U「分かった」
私「依存はないな?」
U「もちろん」

ちょっと誇張を含んでいたりしますがお供が一人増えました。キビダンゴなんて譲渡していませんよ?
なんにしても明日がますます楽しみになってまいりました。
それでは明日は早いので本日はこれにて。
では。



…久しぶりにまともな文章書いた気がする今日この頃。

年明け後の消費

新年になって初めての戦利品公開です。
全然取り沙汰さなかったけど採るべきもの購入すべきものはきちんと買収しております。抜かりはない。
お年玉という年に一度しかない学生にとってのボーナスを最大限駆使して今も集めている漫画も新しく集め始めた漫画も電撃の新刊も講談社からの新刊も定期購読雑誌も集めました。
正直よくやったと密か(でもありませんが)自分を褒めてやりたいです。(自画自賛)
では、新年から向こう10日間で集めた成果でも……


注意・以下の更新は過去のものと比較比重するのが馬鹿馬鹿しい位画像がアップされていますのでダダ重いです。動作が遅くなるかもしれませんがそこはご承諾の程を。


続きを読む

変化…というよりごちゃ混ぜ?

比喩でもなんでもなく。
ブログの紹介文を書き換えたり漫画家リンクに一人追加したり何気にリンクをカテゴリー毎に発音あいうえお順にしたりメールフォームをかなり目立つようにしたり新しく掲示板を設置したりコメント欄をテンプレート弄くって消去したり(そのあたりの詳しい敬意は掲示板のこの記事で)とやりたい放題なりたい放題放蕩の限り考えうる限り好き勝手に弄り倒したからなんか逆に引かれるんじゃないかと思いもしましたがそれが杞憂であることを今は祈るばかりです。

さて、先にもありました通り掲示板に詳しいこと書いてはいますがコメント欄を消去しました。
私なりの考えがあっての判断ですので皆様には何卒ご了承の程をと思う次第。
…この更新が一番最後の仕事だけれどなんか今回の改装に関して自論語ったところで説得力皆無だと思うのは気のせいです……よね?(自爆)


本日は改装だけで体力余力膂力を使い切った気分ですもう疲れました寝させてくださいそれでは皆様おやすみなさいバタンキュゥ―――


ZZZ…ZZZ…

後の祭り

やあやあやっと里から帰ってこれましたよ。
疲労困憊の極み。
そんな疲れも久方ぶりの我が家で味わった空気やらPCやらテレビやら湯浴みやらベッドやらですっかり吹き飛びましたよ。
向こうにいるときはテレビがつらかった。BSデジタルなんてもちろん映らないしUHFという言葉とは無縁の土地だったから見れないアニメだってあったかもしれませんが幸いなこと(?)に正月特番とかで放送時期が上手い具合に重ならなかったのが救い。
…それでもコードギアスガンダムSEEDはバッチリ視聴しましたがね!

さて、なんで題名が「後の祭り」なのかと言うと…

宿題終わってないからさ!!(堂々と言う事じゃない!!!)

いや、田舎で出来るかな~とかそんな生クリームより甘いことを考えていた自分に対して疑問を持ちたいです。
どう逆さに振ってもやる暇なんかありはしないと解っていただろうに…。

という訳でこれから自業自得の結果を清算してきます。
とりあえず明日出す分…つまり必要最低限は済ませれば上等。

急いでいるんで里帰り一発目の更新はこれにて終了。でわ。

二日遅れの

あけましておめでとうございます。
本年もルーチンワーク徒然草をよろしくお願いします。

……よろしくする人数は一桁程度しかいませんが。(爆)

さてさて実に二日も新年のご挨拶が遅延してしまい誠に申し訳ありませんでした。
正月の初っ端から親戚一同集まっての無礼講と相成ればそんな更新できる暇なんざありませんよ。
しかしやはり一年を健やかに軽やかに愉しく過ごすには未成年に無礼講という手段はこの上なく向いていません。たとえ三歳時分にビール飲んでいたとしてもです。(マテ)
…誤解の無いように言っておきますが今は一滴も飲みません。飲まないんじゃなくて飲みません。いずれ年をとればそれこそザルとなりウワバミとなるでしょう。禁則じゃないけど確定事項です。

そんな将来アル中になるような心配事はともかく、
正月、乗り切らなければいけない―というか風流が出る―行事といえば皆様はなにを想像しますか?
私自身正月にやれば風流でるかなぁなんて思う行事は初詣だと思います。
…察しのよい人は答えが解っているとは思いますが無視(失言)して続けます。
そうやって思案巡らしてなんにも実行しようとしていなかった中、友人のSくんからこんなお誘いが。
「初詣一緒に行こうか」
有無も言わさないくらい私は即答したと思います。
そんな訳で本日は今年最初の遠出です。
一体何処に、とは野暮ってモノですが前述にもある通り一日遅れの初詣に行ってきました。
残念ながら家にただ一つあるデジカメが家の入り用(場所を移した無礼講二次会)で借り出された(狩り出されたでも可)ので風景は一切取れませんでした。悔やまれる。本当に悔やまれる。
せっかくあの連なった鳥居を写せたのに。
せっかくおもかる石を写すチャンスだったのに。
せっかく名前にちなんで稲荷寿司とか喰ったのに!

はい、私今年の初詣は
伏見稲荷大社に行ってまいりました。
いやはや2007年になって36時間以上経過しているのになんだったんだろうかあの人だかりは。

人がゴミのようだ的な話はともかく何も書かずに終わるのは不謹慎なのでちょいとばっかし簡略化したレポートでも書いておこうと思います。しばしお付き合いを。もしくはご拝聴をご清聴を。

4時39分・稲荷駅に降り立つ。同行するは友人Sくん。
4時42分・本殿まで一直線に進む。黒山の人だかりに少しビビる。
4時46分・本殿入り。お賽銭を済まし「去年は色んな意味で転機がありすぎましたので今年は平凡平穏無病息災安全第一に日常を過ごせますように」とお祈りをする。
4時51分・千本鳥居をくぐり抜ける。幽玄で厳かな、軽やかで魅惑に包まれた雰囲気を楽しむ。
4時55分・奥社奉拝所まで辿り着く。近くの店で甘酒を嗜む。
その後友人は学業祈願に行き、その傍らで私はおもかる石に必殺必至で願掛けをする。結果は予想以上に重いという最悪のもの。一通りやる事もすんだのでお守りを買う。自分は学業祈願のお守りを。友人は合格祈願のお守りを。
5時28分・「上に夜景がきれいなところがある」という友人の言でひたすら上り続ける。少しずつ酸素が薄くなっていくのを感じる。
5時37分・夜景に引き込まれる。前に直立している木が邪魔だと思う。その後下山。
5時44分・軽く迷う。遭難を免れる。
5時51分・友人が「家族の分も」ということで健康祈願商売繁盛学業祈願のお守りを購入する。
5時53分・稲荷寿司を風流と共にいただく。
6時11分・稲荷駅に帰り着く。そのまま21分発の電車に乗る。
7時19分・稲荷寿司だけでは足りなかった分の空腹を満たすため最寄とは別の駅を降りる。その後駅前のラーメン屋で腹ごしらえをする。
7時36分・無事に駅に辿り着くが後にバスよりも歩いて帰った方が時間的に早いと判明。ちょっとしたハイキング気分を味わう。
8時40分・友人と別れる。
8時59分・奇跡的に無傷で帰り着く。

なんか思い返せば色々大変だったんだなぁと思ってみたり。
この分だと来年も初詣は伏見稲荷大社になりそうだという今から立ててもしょうがない予定を考えたりもしているそんな年の初めの最初の更新。
ちなみに簡略レポートに表示されている時刻は持参していた腕時計に表示された時刻とそれらを基にした目測から成り立っていますので正確ではありません。ご了承を。
……別に言わなくても誰も気にしない?

それと私、明日(というか10時間後くらい)には母方の実家に里帰りの予定なんですね。無礼講の後の初詣という祭りの後に静けさなんて一切ありません。
なので暫く更新停止いたします。
あ~でも現地にパソコン持っている親戚が何人か居たはずですから本人から許可が取れたら更新するかもしれません。
まあそれでも何時もの更新速度とそんなに変わらないかもしれないけど。(笑)

それではくどいようですが最後に、


本年も一日一桁堕ブログをよろしくお願いします。
自分自身のこと
管理人の動向(Twitter)
最近の音楽(Last.fm)
コメント
トラックバック
ブログ内検索
記事カテゴリ
RSS
来てくれた人たち

別運営
相互様



udkの雑記帳





散録イリノイア

怠慢な日々

なんだかだるい





よい子わるい子ふつうの子

るいんずめもりぃ

ブログ内企画モノ

バトンリレー
クイズこれなんてエロゲ?
I've好きに101の質問
KOTOKOソングバトン
語尾変換バトン ~グレ(以下略)~
謝肉祭
四月愚者の日
漆黒のシャルノス サポートページ
エイプリルフール2009記事まとめページ
2009年10大ニュース企画まとめページ
エロゲーブロガーへの66の質問
2010年度エイプリルフール記事まとめ
2010年 エロゲ10大ニュース
2011年度エイプリルフール記事まとめ
2011年 エロゲ10大ニュース
2012年度エイプリルフール記事まとめ
2013年度エイプリルフール記事まとめ

参加イベント

SHORT CIRCUITⅡトークand握手会in OSAKA
KOTOKO LIVE TOUR 2007 WINTER in OSAKA
COMIC MARKET 73
Music+Mediamix Market in OSAKA
AKABEiSOFT2 Combination Sales Event 2008 OSAKA
COMIC MARKET 74
COMIC MARKET 75
I've in BUDOKAN 2009 ~Departed to the future~
Windmill Ko-Cha Sign Event in Osaka
COMIK MARKET 76
Animelo Summer Live 2009
COMIC MARKET 77
COMIC MARKET 78
京都SFフェスティバル
COMIC MARKET 79
Music+Mediamix Market 2011 SPRING
OVERDRIVE 電激ストライカー バルボラ列島侵略計画 第五次侵略計画in大阪
COMIC MARKET 80
KISHIDA KYODAN & THE AKEBOSHI ROCKETS POPSENSE LIVE TOUR 2011 in OSAKA
また奥深い講演が生まれちまったな… 2011
Rita Anniversary Live 2012 -Way to TO-DAY- in OSAKA
COMIC MARKET 82

過ぎ去った月日

更新カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
マイBlogバナー

マイBlogバナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。