スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風雲急

SAVIA感想「絡みついた葉脈」を、FiRSTRoN様に取り上げて頂きました。
毎度のご愛顧、誠にありがとうございます。
……えー、BLAZE感想の分もこれで勘b(爆)

とりあえず先の予定を言えば、月曜日ごろから健康診断を始め大学生活を送るにあたっての準備が本格的に始まりますので只でさえ遅々として進まない更新速度が停止に等しい頻度になるのは確実です。スケジュール表見る限り本気で余裕なさそう。1泊2日の研修も入ってるし。
なので来週ごろから更新が簡易的になるかもしれませんが「まぁイロイロあるんだな」て程度に眺めてやってください。
……そもそも誰か見てるのかすら疑わしいんですががが!

いい加減方向転換して本日の更新に参ります…。

「CLANNAD ~AFTER STORY~」制作決定
ううおっっしゃああああぁっぁぁあああああああああああああああ来たキタキタきたきた――――――――(゜∀゜)――――――――――!!!!!!
初めて知った時は思わず絶叫&ガッツポーズしましたよ。これは期待せざるを得ない。

とりあえずYouTubeに落ちてた最終回放送後に流れた告知でも。



世界の終わりは 悲しい色に 満ちていた

うーむ、やっぱり汐ルート入っちゃうのか。これは結構見るの辛そうだな…。こっちとしては汐ルート後に如何にしてTrueルートへと繋げるのかとても興味がある。ゲームだから違和感無くこなせたけど果たしてアニメとなるとどうなることやら。
と言うかまず内容云々よりも放送時期早く決めてください。
個人的には、ハルヒ2期とかとの兼ね合いもあるから最低1年後くらいかなぁと一度は考えたのですが、考えてみれば去年の今頃にCLANNADアニメ化の発表されてから半年で放送されてるんですよねぇ。だから結論としては、良くて半年で最悪1年といったところでしょうか。出来るなら1クールあけてから放送してくれ。
何にしてもアフターストーリーも補完してくれることが分かったので一安心です。俄然楽しみになってきましたよ。


以下小遣い前借りして買収したものでも。


まだまだ足りない!

漫画系・バンブー8巻/月姫6巻/なのはStrikerS2巻
…まぁここら辺メインじゃないし2/3は衝動買いなので感想省略

半月と併せてどうぞ

山本ケイジ=超肉の「超肉」名義のイラスト集、「新月
何かもう出版社関係なく新旧織り交ぜて収録しているから割とバラエティ豊かな画集でした。悪く言えばごった煮?
山本ケイジ名義で出した「半月」では橋本さんの掌編は掲載されてましたが、今回はしにバラのハセガワさんでした。
何か微妙に祐一と里香っぽいやつも出てきたりしてたけど、どうやら舞台が半月と同様なだけのようで…。まぁ思いっきりニヤケさせてもらいましたがね。

で、本日の本命。

聖なる言葉

WHITE-LIPS&樋口秀樹 Full Album『永遠を愛しむ言葉 -Class words-(通常版)です。
買収してきてから一通り聞いてみましたが、何つーかもう、聞いてて癒される。何時もI'veのように打ち込みマンセーな曲ばかり聴いてるから、こう言った生音に拘った民族音楽的な響きがとても新鮮。買ってよかったと心底思う。
でもやっぱり個人的に嬉しいことはが収録されたことですな。ゲーム補正も入ってるから尚更嬉しい。
出来るなら「もしも明日が晴れならば」や「あなたを照らす、月になりましょう」「セイリング」も入れてほしかったけど、流石に高望みですからねぇ。原曲じゃないとは言え「アララト」に「雛鳥」、それに「Dear My Friend」に「tell me a nursery tale」「誓いの言葉」とこれだけ既存曲が収録されているんだから文句言うのはお門違いも甚だしいところです。

兎にも角にも、既存曲もオリジナルもひっくるめて結構な曲数が揃ってるので初めてWHITE-LIPSひいてはTynwald musicを聞きたい人にはおススメのアルバムですよ。今までの路線が全て集約されてるので是非に。


Todays,BGM・/WHITE-LIPS
割とスローテンポが多い(と思う)Tynwald musicの中でも特にリズムが早い曲だと思う。
もしらばをプレイしてから聞くと目がヤヴァいことに…!
スポンサーサイト

絡みついた葉脈

実を言えば数日前には既に帰郷を果たしていたのですが、帰ってきてから少し現実生活のほうでゴタゴタしてまして、今日になってようやっと一息ついた次第です。
実に約一週間振りに更新作業に入れます。おかげで言葉が一切うかびやがりません。
早いうちに感覚取り戻さんと…。

本日は日付的にやる事成す事は決まっているも同然ですが、早めに取り掛かるのも癪なので少しばかり近況とか情報とかでもツラツラと。

GWAVE SuperFeature's vol,8 『Class words』クロスフェード試聴曲第2弾公開
発売日直前の最後の販促としてクロスフェードサンプル第2弾が公開されました。
曲目はオリジナル2曲に既存の曲2曲(うち1曲アレンジver.)ですね。凪はやっぱり神曲だと思うんだ。旋律的にもゲーム内でのタイミング的にも。

・モバイルの波来たる。
……えー、少し分かりにくいかもしれませんが、要約すれば「この度携帯電話を持つことと相成りました。」と解釈してくれれば正解です。
MyPC導入から数えること約1年と9ヶ月。ついにモバイル化が実現いたしました。何て大層なことでもなく無事に大学生になったら携帯持つように前々からアナウンスされてたんですけどね。
自分が携帯を入手したついでに母にも携帯が持たされることにもなりました。が、アナログ式な母には携帯は些か扱いにくい代物のようです。
…とか言ってる自分も導入してから未だに着うたの一つも取り込んじゃいないんですが。試そうと思ってることは幾らかあるけどやる時間や機会がないんですよ。
それに当面の問題としてはアドレス帳の編集が未完了なのでまずそこを何とかしないと…。

ちなみに、父がauなのでなし崩し的に家族全員がauの携帯です。しかも経済面を慮って0円携帯のT○SHIBA製です。(伏字になってない)
色んな意味で終わってます。でも正直とりあえず使えれば後は野と慣れ山となれ状態なので別に然したる問題じゃなかったり。

さて、ここから本日の本題に入ります。溢るる情熱はもはや止められないのです。
まずはここ数日の買収物。


もはや予定調和


帰郷時にコンビニでハガレン19巻、そして本日は買いそびれていた電撃系2冊も添えて、SAVIA(通常版)買収してまいりました。
…惜しむらくはバンブー8巻新月買えなかったことですよ。コンチクショウ金が足りねぇ。

とまぁ一通り後悔の念を吐いたところで、ちょっと気合入れてアルバムの感想でも綴っていくとしますか。
……考えるとアルバム系ってSHORT CIRCUITⅡ以来だよなぁ。

セットリスト

1. energy flow *
2. JOINT
3. Beehive -album edit-
4. TRILL *
5. 赤い涙
6. triangle
7. sense *
8. DREAM *
9. intron tone *
10. 翡翠 -HISUI- *
11. 最後の約束 *
12. Get my way!
13. portamento *

純粋な新曲は8、アルバム用編集も含めると実質9曲も新曲があるという豪華仕様にも程があるアルバムです。でもせめてエロゲ方面から1曲ぐらい出してほしかった。前作のSEEDでもIMMORAL収録だったのに…。
嘆いても仕方ないので既存曲以外の感想でも書き綴っていきますか。

・energy flow
まみちゃんのコーラス交じりなインスト曲から始まる構成は前作であるSEEDと殆ど変わりないようです。コーラスと言うか逆再生だったけど。
最初はシンプルにピアノのみで攻めていく段階から徐々にギターやシンセの音も混じりはじめて何時の間にか引き込まれていきます。
そして最大限まで盛り上がったところでJOINTに移行するという導入部から全力投球が垣間見れる流れとなっています。
さすが中沢・尾崎(と井内嬢)としか言えません。

・Beehive -album edit-
完全なリミックスではなく、原曲より生の音を重視している構成だったり10秒ほど曲が引き伸ばされていたり声にエフェクトがかかっていない部分があったりと細かいところで差異が生じている程度でした。これが「あくまでedit」の宿命なのでしょうか?
でもまぁ、原曲より印象が柔らかくなった感じがするのでこれこれで中々。

・TRILL
トランシー高瀬光臨!!!突き抜けてトリップしていく感覚と突き抜けて前に進んでいく歌詞が相俟って最高のチューンとなっています。リピートすればするほど味の出てくる高瀬節全快の1曲です。
…まぁそれだけにちょっとアルバム全体で見ると違和感が拭えないかなぁと思ったり。

・triangle
えぇー、とりあえずこれだけ言わせてください。
フェードアウトはないだろう。

・sense
これもまぁ、シャナⅡ最終話の挿入歌だけに中沢×まみちゃんの王道ギターチューンですね。酷評するようですけど、らしさといえばらしさがあるだけに曲単体では悪くないけれど、目新しさがあまり感じられないと言ったところでしょうか。つーか正直第一印象がJOINTと大差な(削除されました)

・DREAM
出だしはかわいく歌い上げ、サビに近づくにつれ力強く歌い上げると言う方式は最近ではKOTOKOのBLAZEにも見受けられることでしたが、まさかまみちゃんも同じ方式で歌い上げてくるとは思わなかった。…偏見?
しかし曲自体は文句なし。ロック調のギターサウンドを基調にしなやかさを思わせるメロディは井内さんならでは。そこに曲名通り「夢」を歌詞に込めて歌い上げられると聞き惚れてしまいます。
フェードアウトもいい感じに作用していますよ?

・intron tone
これが…I'veの本気か…!
作曲・高瀬一矢/編曲・TAKANAKAZAKI(コンポーザー瀬・沢・ギタリスト尾)と言う主要アレンジャー3人がよってたかるとこんなにも中毒性の高いポップでありながらダークでトランスしてるメロディが生まれるものなのか…。耳に焼き付いて離れない。
この曲にいらないものは無い。ギターもシンセもボーカルも歌詞も全てがこの曲のために用意されたようなものだ。
紛れも無い神 曲

・翡翠 -HISUI-
……ォイ、これ本当にお姉チャンバラ主題歌でいいのか??
まみちゃんと組んだ曲としてはLythrum以来5年ぶりのmix兄さん作曲で、「また何時もの曲になりはしないだろうか?」と一抹の不安もありましたが、割と聞けて安心しました。
や、ここ最近のmix兄さんと言えば得意のダンスチューンの手法全快なノリノリポップで、悪くは無いんですがちょっとマンネリ気味だった感じがしていたところで、こう言った強靭なギターをバックに哀愁漂う旋律が投下されると逆に新鮮。暫く聞いてなかったハイじゃないmix兄さんを感じて少し感慨に浸りましたよ。
……なーんかまみちゃんとmix兄さんが組むと「注目されにくいけど良い曲」て感じてしまうんだが、何でだろ…?

・最後の約束
全体的にスローテンポの良作バラード。井内さんってこのアルバムではスローテンポ担当な気がする。
まみちゃん自身が歌に亡くなってしまった実家の犬のことを込めているのか、スローバラードにのせて「悲しみに打ちひしがれることなくこれからを生きていこう」としっとりと歌い上げています。
……どうしようあまり語ることが無いや。(汗)

・portamento
アルバムのオーラスを締めるのはやっぱり中沢×まみちゃんの黄金コンビですね。まさに締めくくりにもアルバムの代表曲としても相応しいです。
鳴り響くドラムシンセ。間奏でワザと音を止める演出。キッチリと今までのまみちゃんの路線を全て取り入れながらも目新しく響いてくる感じがします。まさにportamento(音から音へ少しずつ移りゆく様)としてのSAVIA(葉脈)がしっかりと表現されているように思います。
これからも、「その葉脈(サビア)の先まで」進んでいってください。きっと花になれるはず。


とまぁ長々とお送りしてきました「SAVIA」なのでした~。
コジーン的には前作よりループ度が断然高いです。種から葉への成長が如実に現れたアルバムだと思いましたね。
今回のアルバム、新規も古参も納得の出来なんではなかろうかなぁと思うんですが、どうなんでしょう?


Todays,BGM・intron tone/川田まみ
I'veの本気をしかと聴け。

Night of Silent. Bud Wind.

ちょっと所用がありまして今日まで更新作業に移れませんでした。と言うか息つく暇すらありませんでした。
明日から3日間田舎に帰省するので少しばかり忙しかったんですよ。父方の実家にも顔出してたし自室の片づけにも手間取るしで時間が浪費されていきました。
まぁ、おかげで自室は少し人が住みやすくなったかもしれん。何せ片付け中は本棚に収納されている漫画・ラノベ・雑誌全てを引っ張り出して整理してたもんなぁ。そりゃスッキリもするさ。

…とここまで書き記したところで寝落ちしてしまい、現在時刻は朝6時を指しております。疲れてんのかな自分。
本日の午前中には帰省する事になるのでちょっと駆け足気味にチャチャっと更新します。

GWAVE SuperFeature's vol,8 『Class words』クロスフェード試聴曲第1弾公開。
試聴曲は既存曲「誓いの言葉」に新曲「黄昏の境界線」「30cm」「鏡花水月」の4曲。
試聴曲とはいえ聞かせてくれる樋口さんの生音に感動です。ええい第2段はまだかそれ以前に発売はまだか!(落ち着け)
コジーン的にはこの4曲の中では「誓いの言葉」が特にお気に入り。

えい子先生アルバム「ひかりなでしこ」収録曲に「all alone」追加。
以下公式ページより抜粋。

〔収録曲〕

1.Introduction
2.ひかりなでしこ
3.all alone
4.ATLANTE
5.観覧車
6.sheherazade
7.奈落の花
8.青い果実
9.FLOW
10.あすなろの木
11.十四の月
12.ハルミチル
13愛のうた

Track-3に追加されている模様です。
しかしまぁ…ちょっと我侭ですけど、出来れば新曲のほうが(殴)

「仮面のメイドガイ」OP曲名「Special Life!」に決定。
KOTOKOが歌うOP曲の名前が正式に決定しました。題名通り明るい曲調になるとか。
ここはセオリー通りmix兄さんか…はたまたキラーパスで中沢さんか気になるところです。

と、ここまで一通り情報をお送りしてきました。
ですが、本日のメインはこちら。


フラゲ叶わず

みなみけ5巻音のない夜空に/木の芽風(共に通常版)を昨日の内に買収しておきました。
みなみけはもうあっという間に読み耽ってしまいましたね。千秋かわいすぎるよ千秋。特別読みきり(別作品)があったのも役得役得。
……まぁ、ちょっと残念だったのは、元々買うつもりもなかったけど、限定版付属のDVDの出来に全俺が泣いた。てところくらいですかな。

で、以下は例によって例のごとくCDの感想ですんで興味ない奴はここで回れ右でもしてください。


Track-1・音のない夜空に
うむ、良い。
何というか、高瀬節炸裂のバラードにIKUさんの艶っぽい(失礼)歌声が合わさると、儚げな印象が脳裏を駆け巡ります。
歌詞にも注目して聞いていると、壊れてしまいそうな儚さも見受けられればしなやかに生きる強さも垣間見えてきます。
IKUさんのこれからを思わずにはいられない、期待に応えた1曲です。

Track-2・木の芽風
ノスタルジー!(意味不明)
インタビューによると、初めてのライブから歌い続けてきた曲で今回のシングルで高瀬氏にアレンジを加えてもらった形みたいでした。
そんなIKU本人の思い入れもメディアに露出してから発売までのブランク補正もあったでしょうけどすっげく良い曲に仕上がってます。
本人作詞・作曲と言う思い入れの強さに力強いボーカルとドラム・ピアノが強調された高瀬アレンジが加わって、IKUさんのこれからの意気込みを大いに感じます。

と言う訳で音のない夜空に/木の芽風なのでした。何か起き抜けなのか筆が乗らない…。もっと語りたいことあったはずなのにこの体たらく。情けない限りです。


さて、これから田舎へ帰省する準備で慌しくなってきそうなので半ば強引ですがこの辺で。BGMつける暇ないかも。

生きてることはいいことなのか?

題名は関係ないです。……たぶん。
まぁ最近更新も疎かになってきてるんで(意訳・ネタに困ってるので)近況報告も兼ねて最近思ったこととか徒々と。


島みやえい子2ndアルバム「ひかりなでしこ」収録曲公開。

1. Introduction
2. ひかりなでしこ
3. ATLANTE
4. 観覧車
5. scheherazade
6. 奈落の花
7. 青い果実
8. FLOW
9. あすなろの木
10. 十四の月
11. ハルミチル
12. 愛のうた

既存の曲では「奈落の花」「青い果実」「FLOW」「十四の月」「愛のうた」と結構新規にも古参にもやさしい曲目ですな。特に「青い果実」と「十四の月」「愛のうた」に関しては今となっては音源入手が不可能に近いので嬉しい限り。
個人的にはアコースティックライブで初披露された表題曲の「ひかりなでしこ」が大いに楽しみです。
……それにしても、これでOzone収録分はリミックス含めて全部入っちゃいましたね。ま、個人的にはULYSSESの宇宙の花も好きだからいいけど。それに一つくらい過去のアルバム限定の曲がないと何か不公平な気がする。
ULYSSESと言えば、一応愛のうたのリミックスが収録されてましたけど…やっぱり駄目だったんかな。殆どインストに近かったし。
そんな訳で期待して待ちましょうか。

あ、青い果実は原曲のままなのか中坪アレンジカバーver.をえい子先生が熱唱するのか物凄く気になる。


とか何とかアルバムに現を抜かしている間に周りに少し変化がありました。
一方は単純に自分の環境変化と、もう一方は友人関係の変化。
まずは自分の環境から言えば、魔窟と化す一歩寸前の部屋を少し掃除しました。
や、普通に床が見えてる分にはまだ大丈夫なのですが、放っくとどうなるか分かったモンじゃありませんから先手を打って物の整理をすることにしました。
……で、二日経った未だに終わっていません。何だあの本の数は!新しくCD用の小棚も買って収納一辺倒からの差別化を図ったのにそれでもスペース足りん!!
…これからも少しずつ処分していくとします。
そして二つ目。友人がWiiを購入しました。何とまぁ無謀な思い切ったことをしましたね。
その友人がWiiと同時に我が青春の1ページが詰まったスマブラXもコントローラーと共に購入していたので早速対戦を満喫しました。
やー、やっぱり小学生時代任天堂に執心だったこともあって懐かしさがこみ上げてきますね。このゴチャゴチャ感がイイ!
久しぶりにTVゲームで盛り上がれた気がします。


とまぁそんな感じに毎日過ごしてます。大丈夫。生きてることはいいことだ。
さーて、これからアルバム2枚にシングル1枚にみなみけ5巻バンブー8巻も待ってることだしさっさと寝ますか。


………ン?なーんか忘れてるような??
…………………あ。


ホワイトデーのお返し忘れてた。(義理1個だけもらってた)


Todays,BGM・宇宙の花(e)/島宮えい子
全体的な雰囲気ではULYSSESリミックスのほうがいいですが、ゆったり聴くならこっちのほうで。

燃え上がる人間関係の測定方法

何時も以上に拙いであろう「M3大阪レポ」をFiRSTRoN様に取り上げて頂きました。
毎度の事ながらありがとうございます。きっとこれからもお世話に(以下略)

えー、本日のメインに移る前にちょっとばかり叫ばせてください。
や っ ぱ り 延 期 か !
ある程度予想していたとはいえ、こうも度重なると流石に不安になってきます。大丈夫か?
…と考えもしましたが、スタッフ日記に延期のお詫びがあがっているあたり、潔いなぁと思ったり。
とりあえず安心して…いいのか?(汗)

さて、ちょっとした文句を言い終わったところで、本日のメインです。


これが限界

フラゲは正義!本日は無事に目当てのBLAZE(通常版)を、ARIA最終巻と共に買収いたしました。
ホントなら電撃文庫系で4冊ぐらい買収したかったけど財政が苦しくて苦しくてやってられませんよコンチクショー!な心境で血涙流しつつ断念しました。
まぁ優先順位上仕様がないことは分かってるけどなーんか消化不良ですね。
でも電撃も好きですがARIAも同列ぐらいに大好きです。何だかんだでずっと追いかけてきた作品ですから。
ARIAに関しては、読了後に「終わった」という物悲しさよりも「続いてる」という喜びがありましたね。寂しくないと言えば嘘になりますけど、大団円は何時でも嬉しさに満ちあふるるものです。
ただ単純に「良かった」としか言えません。
……ちょっと文句を言うと、最後の伏線回収で「お前か!」と言いたくなったことくらいかな?(笑)

で、いよいよ個人的メインディッシュです。つーか寧ろここから本番。
以下何時ものようにI've系の感想ですので読みたくもない人はここでお引取りを。


Track-1・BLAZE
同じようで違う気がする。
旋律は何処まで行っても何時もの高瀬さんを感じるけれど、曲全編にわたって鳴り響くシンセの音が今までのI'veには無かった感覚がしてむしろ新鮮な気分になってくる。
同時にAメロでカワイイ路線を、Bメロとサビで歌詞を体現するかのような力強い歌声を緩急をつけて歌い上げている。
一曲の中に常に目新しい新鮮さと目覚しい変化を感じる。
敢えて言葉を選ぶなら、生誕10周年を迎えるI'veが常に変化し続けていることの象徴と言っても過言ではないかもしれない。
まさに曲名である「」を変化という視点で見事に表現した曲だと思う。
……小難しく言っておりますが、要するにKOTOKO×高瀬=神曲と言うことですよ!やっぱりすげええ!!
常に新しい曲にチャレンジし続けるその精神に乾杯!

Track-2・Sociometry
何でしょう、前述のようにBLAZEが変化を歌っているなら、同じ変化でも「変化に伴う苦痛と成長」を歌っているような気がします。
歌詞はインタビュー通りならまみちゃんの歌った1クール目のEDであるtriangleの延長線上にある関係を描いたものらしい。
恋の三角関係の先にある複雑な、しかし成長を感じる関係性が歌詞にこめられています。
でも曲調は何時もの変わりないmix兄さんでした。
や、SociometryもKOTOKO×mix兄さんという意味では鉄板の曲調で曲単体でいくと名曲といってもいいくらいですよ?
ただ、聞いたときのインパクトと全体的なテーマではBLAZEには及ばないかな、と感じてしまった。EDテーマなのにOPテーマの雰囲気に思えて仕様がない罠。


と言うことで、BLAZE/Sociometryなのでした。
ある種全く新しい雰囲気なので、新規さんにはお奨めですね。逆に古参の方々には「マンネリ気味」とかでとっつき辛いかもしれないなぁ。
色々複雑ですね、今回のシングル。


Todays,BGM・BLAZE/KOTOKO
もはや予定調和。この曲からI'veを知った人には是非過去の曲にも目を向けてほしい。具体的にはI pray to stop my cryとかFUC(以下自主規制)

Music+Mediamix Market in OSAKA

昨夜、何時ものように更新作業に移ろうとしたらプロバイダから無言の圧力をかけられました。
な~んでこうイベントあった時にタイミング悪く接続できなくなるかな、と憤慨したものです。

とまぁ何だかんだで昨夜は更新できませんでしたので今更な感じはしますが、
M310周年記念イベント「Music+Mediamix Market in OSAKA」に行ってきました。


会場前

入り口前

会場前その2


参加された皆様、お疲れ様でした。
自分自身このイベントは開催2日前に突発的に欲しいものが出てきたと言う状況で、入場券代わりのカタログも当日販売分と言う準備もヘッタクレもなかったので弾(金)もそんなに用意できませんでした。
しかし目的のブツがある以上は手を抜くわけにもいきませんので朝も早くの午前6時には家を出立。7時には目的の駅に着いたものの例によっても迷子になり当てもなく歩いていたときに雰囲気を醸してる集団が入り口付近で待ってたらいやでも分かる現地入り口に着いたのは午前7時半ごろでした。本格的な行列できる前でよかった。
その後は恙無く待ち続けるだけで、変化らしい変化といえば9時ごろに販売された当日販売分のカタログと10時半ごろに列の移動が開始された程度でした。
そして待ちに待った11時半。会場の時間となりました。
自分自身元々買収したいブツも少なかったこともあり、買い物自体は10分で終了。その後は混雑を極める会場内で「Maple Leafやっぱり行列すごいなぁ」とか思いながら会場を後にしました。滞在時間約15分。短すぎる!

…まぁそういう訳で、


あれ…2枚増えてる

Blasterhead・ere daybreak-e.p.+
M.Graveyard&WAVEOn Your Mark -forked road-
CLOCK MUSIC・はだかの足で走れ
以上の3枚(うち2枚衝動買い)を買収してきました。
昨日はずっとこれを聞きまくりで一日経った今でもなんか頭痛がします。(実話)
今回のCDでは、一番の目当てだったFISH TONEの「displeasure」「Rejection」だけでも満足ですが、聞いてて琴線に触れたのは「はだかの足で走れ」でしたねぇ。疾走感がたまらない楽曲でよかったと思います。歌詞カードに「××××××××!」てあったのには本気で笑った。

以上、初参加のM3感想でした。面白みもないレポなのは仕様です。


ちょっと起き抜けで調子悪いんでBGMも休みで…。何か吐きそう。

きっかけと偶然の誘発性

きっかけは昨日の事でした。
さる同年代の友人が私の家に大学からの課題を乗り越えがてら遊びに来ました。
言い方は悪いですが、何時もは別の友人とセットで付いてくることが当たり前だったので、単独で来ると言うのは初めてのことでした。
課題もある程度終えて弛緩した空気が場を支配したとき、こんな会話が出てきました。
「俺明日日本橋行くんだよね。本とかたくさん買うために」
以下は日本橋のことも交えつつ取り留めのない会話を繰り返して、その日は終わりました。
で、その日の夜。何時ものようにネット巡回しててふと思ったわけです。
「そういえばここ一週間外にも出てないし、久しく日本橋にも行ってないなぁ。
金にもほんの少し余裕があるし、中古品漁りくらいにでも行ってみるか」

と言う訳で、自らの内にある心の声に従い、本日は昼から日本橋に赴いてました。カメラは忘れたので現地の写真はなし。
今日は前述の通り金の余裕もそんなにないので、初っ端から中古品を取り扱う店に限定して巡回してまいりました。だってそうしないと新製品とか衝動買いしかねないし。
行きの電車内で予めルートを構築して、店を変え品物を変え規定の金額に達するまで巡回すると言う計画で行きましたが、予定の半分も店を回ることなく買収が終わってしまいました。
……つまりは、中古と言えどそれだけツボに来る品が見つかったわけで。金額に見合うくらいの品が見つかったと言うことでもあるわけで…。

以下本日の買収物。



この偶然に感謝!

榎宮祐エアリセ3巻
あかべぇそふとつぅ赤箱
Key Sounds LabelWORK-S/Humanity...Kanon/AIRピアノアレンジアルバム「Re-feel」
デジビートFISH TONE 1stアルバム「FISH TONE」2ndアルバム「KING JOE」HARD STUFF「Luding Out」
…………………………………………。





祭りじゃあああぁぁぁ!!!!

いやっほーぅ!岡崎中古屋最高ー!
まさかまさかまさか!今では幻と言えるFISH TONE1st2ndが!!更には高瀬&中沢のユニットであるHARD STUFFの「Luding Out」が!!!中古屋で1枚600円と言う叩き売り!!!!
こんな偶然を天に感謝せずして一体何処に(誰に)感謝すると言うのか!!!!!

……まぁ、600円と言う叩き売りに相応しくケースにヒビとかクスミとかディスクにヨゴレとかキズとかがあったりするのが少し残念ですが、そこはそれ。商品の価値に比べると霞掛かるってモンですよ。帰ってきてから試してみたけど問題なく再生できたしノイズも確認できなかったから無問題。
以上の3枚を買収した後はKey系のCDで同じく1枚800円で叩き売りされていた分を、CD買収後はエアリセ3巻を、残りの金額を鑑みて赤箱の未開封品を買収できると踏んで全ての買収を終えました。
もう前回に続いて今回も違った意味でお腹一杯ですよ。

……とか過去の遺物で満足している矢先にこーんなニュースが。


川田まみ2ndアルバム「SAVIA」セットリスト公開

1. energy flow
2. JOINT(TVアニメ「灼眼のシャナII」OPテーマ)
3. Beehive -album edit-
4. TRILL
5. 赤い涙(劇場版「灼眼のシャナ」挿入歌)
6. triangle(TVアニメ「灼眼のシャナII」EDテーマ)
7. sense(TVアニメ「灼眼のシャナII」最終話挿入歌)
8. DREAM
9. intron tone
10. 翡翠 -HISUI-(映画「お姉チャンバラ THE MOVIE」主題歌)
11. 最後の約束
12. Get my way!(TVアニメ「ハヤテのごとく!」EDテーマ)
13. portamento

あー、なーんか予想を900度以上回ってましたねぇこのセットリスト。
純粋な新曲が8曲とは…何とも豪華な。でもシングル系は全部収録なのにエロゲ主題歌がないのは納得いかない。せめてseduceを入れて欲しかったと本気で思う。
つーか映画お姉チャンバラ主題歌って…。思わず「ぶわはははははははははははは!」て笑ってしまいましたよ…。同時に虚しさも込み上げてくるのはきっと気のせいじゃない。
個人的に、灼眼のシャナII最終話挿入歌であるsenseに期待です。最終話挿入歌であるからには高瀬さんであるに違いない。と信じたい。(笑)


えい子先生、ライブツアー決定。

05/06(火) 東京 ASTRO HALL
05/10(土) 福岡 VIVRE HALL
05/11(日) 岡山 IMAGE
05/17(土) 仙台 MACANA
05/24(土) 大阪 MUSE
05/25(日) 名古屋 ELECTRIC LADY LAND
3月20日発売の前売り券・4725円(別途ドリンク代500円)

枯れるから、もう金がなくて枯れるから勘弁してクレー!!
昨年度のアコースティックライブ(リンク先・ソラネ堂さん)から半年しか経ってないにも拘らず早くもライブツアーの開催が決定しました。
昨年末はKOTOKOのライブアコースティックライブの取捨選択でKOTOKOの方を選んでしまったので、少しばかり後悔が自分の中で残ってました。
それがアコースティックライブから間も経たずにライブの情報が舞い込んでくると、参加しないわけには行きませんよ。
……といきたい所なんですが、3・4月だけでシングル3枚、アルバム3枚、エロゲ1本その他書籍諸々と待ち構えてると厳しすぎる。と言うか無理だって!
嗚呼無常。何時でも金の有り難味が身に染み入ります。

……そーんな金が必要な時期に、使いたくなる用事が出てくるんですよねぇ。

Blanterhead、大阪M3に委託参加。
明後日(明日)開催の同人音楽即売会「M3」のA-16・milktubブースに委託販売予定。
販売品は、コミケ73こみトレで配布したアナログ盤「ere daybreak-e.p.」のCD化音源で、ボーナストラックにFISH TONEの没トラック「Rejection」が収録されます。
いよいよ待ちに待ったCD化ですよ。現地ではアナログ盤じゃなくて委託販売されていたinner ChildREVIVE目当てで吶喊しようと思ったのですが、惜しくも金が足りず断念いたしました。と言うより元々アナログ盤再生できる環境じゃないから(あるほうが珍しい)切実にCD化して欲しかったんです。
まさか目の前にいきなりチャンスが転がってくるなんて思わなかったですよ。


………ええと、旅費はどうしよ?(行く気満々)


Todays,BGM・FISH TONE/FISH TONE
やっぱりこれでしょう。長年待ちわびた初期のFISH TONEを聞けるんだから自然気持ちが昂ぶってくるってモンですよ。
神秘的コーラス、ヒーリング効果を誘うピアノの音色、やわらかな懐かしさを思わせるリズムビート…。常時脳からヘンな汁が出まくりです!

完徹ナチュラルハイな感想・エール体験版その2

ふぉおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおやっぱりるーすぼーいは期待を裏切らないよすげぇぇぇぇぇぇええええええええ!!!!!!!!!
今回配信された体験版は周知の通りあかべぇそふとつぅデスクトップアクセサリー集「赤箱」に付属していた体験版をウェブ上に公開したものです。中身が体験版第1弾も含めての中身なので新規さんも安心してプレイできる良仕様。初回スタート時には最初からか新規追加分からか選べるようになってます。
で、赤箱のページでも告知していたように新しく配信されたものは序盤にしか音声が尽きません。声を楽しみにしている一部ユーザーからは不評の声が上がりそうな…。
自分自身は既に第1弾で一通りの流れはつかんでるので迷わず新規追加分の選択肢を迷わず押します。
そしてプレイしていくと…

まさに期待通り…いやさ期待以上の出来でしたよ!!
所謂ヒロイン毎の章形式であるらしく(車輪の国と同じ構成と考えていい)、椿姫の章の途中まで収録されていたのですが、これがもう体験版かと思えないくらい内容が濃い。
主人公自体一種の事業家みたいなことを裏でしてますから自然ヨゴレな仕事に手を突っ込んでいます。例えば今回の体験版で言うなら地上げとか。今回はヒロインである椿姫の家を地上げすることになった主人公椿姫の家に接触を図ったりします。ここまでの部分で単純に悪役になりきっているつもりでなりきれてない主人公の心理描写がまたイイ。選択肢次第でエライことになりそうですが。
それと、今回の体験版で主人公の過去と「魔王」の正体に関する描写が垣間見れます。思わず「アーア、やっぱりなぁ」と思ってしまったと言うか第1弾やった後で考えた魔王の正体とまんま一致してて思わず天を仰いでしまった。(実話)
そして魔王の正体を匂わせつつも着実に巻き起こる事件。巻き込まれた椿姫。解決せんと奔走する宇佐美ハルと事件を動かす魔王の体力と頭脳の応酬。
もうこれだけでお腹いっぱい。
そしてラスト……まさに「してやったり」と言うるーすぼーいと魔王の声がそのまま聞こえそうな、意外にも程がある結末。
感覚で言うなれば「アニメの前中後編で前編だけ見せ付けられた気分」です。続きがムッチャクッチャ気になる歯痒すぎる終わり方だったよコンチクショー!!!!!
思わず製品版には声が収録されることを忘れてプレイしましたよ。むしろ声がない分想像力逞しくなるからこっちのほうがいいかも?
……つーか元々魔王に採用されている声優が声優だから○○ー○оで脳内再生される不思議。

もはや未完成品だとかそんなことで不安に思っていた自分が恥ずかしいくらいです。これを見せられたら期待するしか選択肢がなくなる。
発売日が尚更待ち遠しくなりました。今度こそ、3度目の正直だよなるーすぼーい!?


Todays,BGM・Answer/片霧烈火
G線上の魔王OPテーマ。何故かOPED共に先に発売している罠。
曲にかかるギターの激しさと片霧嬢の力強いボーカルが作品の熱さを物語っています。

驚異的な脅威

以前から連呼している通りホンのたまーにネットに繋げなくなる原因不明の接続不良が起こることがあります。
ここ数ヶ月はナリを潜めていたのですがつい数日前から何か様子がおかしいです。日がな1日繋げなくなるよりマシだけど、短いスパンで頻繁に起こるからこまりものである。
一時期はPCの方に原因があるんじゃないかなぁとか考えていたのですが、最近になってプロバイダ側から「テメェいい加減にしてくされよ」と無言の圧力を喰らってるんじゃないかと思うようになってきました。
そりゃぁ比較的ネット中毒ヘビーユーザーに属さないとおかしいくらいに毎日徘徊しておりますが、だからと言って制限かけられる謂れが思いつかん…こともないけれどそこは華麗にスルーで。(ヲイ)

3月6日はさりげなく父親の誕生日でもありますが、そこは当ブログ的にはあまり関係のない事実なのでそこも華麗にスルーしておくとします。
やー、今日も今日とて父親の言動から「嫌オタ文化思考」を読み取ってしまい結構気分は沈んでる最中です。
まぁこれ以上沈んでても自然愚痴に発展しかねないので吹っ切らないといけないんですけどね。感情のままに愚痴吐いてたころに比べるとマシと言えばマシなんだけど、「何だかなぁ」と言う微妙な気分が沈殿していく感覚が…。
いい加減割り切りつけないと。


………(割り切りに必要な間)………


さて、通常通りのテンポで更新といきますか。
本日のネタはこちら。


DLに3時間

あかべぇそふとつぅ赤箱」に付属していた、自分が今現在最もプッシュしているエロゲ「G線上の魔王」の体験版第2弾が公式ページで公開されました。
ので、早速公式からミラーサーバーに飛んでダウンロードして、
…更新時間含めて3時間かかりました。(爆)重いよ、集まりすぎだよみんな…。
ダウンロードが本格的に終わったのがこの文章を打鍵した10分くらい前で時刻は午前1時03分ごろ。それから起動して画面をキャプチャして現在に至っています。
そんな経緯なので当然の如く未プレイ。感想の一つでも書き記そうにも肝心の中身が分からないので書き記せない始末です。
ただし、現時点では。

と言う訳で(どう言う訳で?)今から残された時間を目一杯使ってエロゲ完徹プレイ ~クラシックの悪魔体験版篇~を敢行しようかと思います。
何を唐突にと思いますが、これもネタのためだ目を瞑ってくれ。
未来の自分は、完全徹夜したことを誇れると思うんだ…。(死亡フラグ)

では早速スタートします。全てプレイし終わった後にまた更新する予定。
無事に終わるといいな。それ以前に夜が明ける前に終わるといいな。(笑)

桃と端午の間はなんと呼べばいいのだろう?



人生朝露の如し。時は2008年桃の節句。つまりは、ヒナ祭r
…ではなく、何時の間にかひな祭りですよね。まぁ野郎にも伝統も重んじない自分にも関係のないことですが。
それに偶にはI've以外の自分の属性もひけらかさないと忘れられそうだし。(爆)

えー、苦し紛れに申しますが、何時もなら夜も更けて明日にさしかかろうかと言う時間に更新しているはずなのに太陽が天高く昇っているこんなお昼時に更新作業をしているのは、高校生としての義務を果たしてしまった以上ネタに早々あり付けなくなってしまったのが一端を担っていると言っても過言ではないかと。日記ブログを名目として掲げる身としては途轍もなく酷なことです。
ネタが路傍の小石の如く転がっているものならば更新頻度も(精神面を何とかすれば)少しずつ上昇していくものだと思うんですけど、そう簡単にありつけないからねぇ。
何かするにしても積みゲ積み本を消化しては日々を無駄に過ごす暮らしだけ垂れ流していてもまんまNEETの暮らしぶりを露呈しているようなものですから進んで書き記そうなんて思いません。
強いて言えば近々母方の田舎に3日くらい帰省する計画があることと、昨日になってその田舎からうちの祖母が旅行がてら泊まりにきたりといったところですかね。
何か最近祖母がアグレッシブになっている気がする。

まぁ近況はこれくらいにして、最近思ったことでも。

CLANNAD、TV放送は全22話+番外編で確定。
んー、やっぱり4クール説はデマだったか。分かっちゃいたけどやっぱり寂しい。
19話から本格的に渚ルートに突入したことで一部視聴者から、やれ杏だのやれ智代だのやれフラグブレイカーだの騒いでたりするのをよく耳にしたりするのが少し物悲しい。アニメからの新規さんがいる証拠でもありますので別に嘆くほどじゃなく寧ろ喜んでいいと思うんですけど、何だかなぁ。
原作やってる人なら分かるとは思いますが、CLANNADは渚がヒロインとして存在していないとCLANNADの名前自体が嘘になるので、渚ルートがメインになるのは予定調和なんだよね。だからと言ってまさか18話で一気に4本もフラグを粉みじんにするとは思わなかった。
しかし、最終回までのサブタイ読む限りではやっぱり渚アフターまではやらないみたいですね。AIRにおけるAIR編のようにCLANNADはアフターから本領発揮なのに…。
ここは1クール(あるいは2クール)挟んで第2期でアフター描くとかの処置でもしてもらわないと納得いきませんよ。
でも京アニなら…京アニなら何とかしてくれる…!

IKU「音のない夜空に」作曲に高瀬一矢
と言うことはIKUさんはIKUさんで新しいI'veの歌姫と考えていいんだよね?
あるいは怜奈(以下検閲)

MBS系音楽番組「Hz -ヘルツ-」にKOTOKO出演
時期的にBLAZEの告知がてらと思われ。以前にもまみちゃんが出演していたやつですね。
そう言えばまだ見てなかったなぁまみちゃん出演分。(自爆)

何かちょっと気分も優れませんのでBGMも休みで今日はこの辺で。
年かなぁ。(断じて違う)
自分自身のこと
管理人の動向(Twitter)
最近の音楽(Last.fm)
コメント
トラックバック
ブログ内検索
記事カテゴリ
RSS
来てくれた人たち

別運営
相互様



udkの雑記帳





散録イリノイア

怠慢な日々

なんだかだるい





よい子わるい子ふつうの子

るいんずめもりぃ

ブログ内企画モノ

バトンリレー
クイズこれなんてエロゲ?
I've好きに101の質問
KOTOKOソングバトン
語尾変換バトン ~グレ(以下略)~
謝肉祭
四月愚者の日
漆黒のシャルノス サポートページ
エイプリルフール2009記事まとめページ
2009年10大ニュース企画まとめページ
エロゲーブロガーへの66の質問
2010年度エイプリルフール記事まとめ
2010年 エロゲ10大ニュース
2011年度エイプリルフール記事まとめ
2011年 エロゲ10大ニュース
2012年度エイプリルフール記事まとめ
2013年度エイプリルフール記事まとめ

参加イベント

SHORT CIRCUITⅡトークand握手会in OSAKA
KOTOKO LIVE TOUR 2007 WINTER in OSAKA
COMIC MARKET 73
Music+Mediamix Market in OSAKA
AKABEiSOFT2 Combination Sales Event 2008 OSAKA
COMIC MARKET 74
COMIC MARKET 75
I've in BUDOKAN 2009 ~Departed to the future~
Windmill Ko-Cha Sign Event in Osaka
COMIK MARKET 76
Animelo Summer Live 2009
COMIC MARKET 77
COMIC MARKET 78
京都SFフェスティバル
COMIC MARKET 79
Music+Mediamix Market 2011 SPRING
OVERDRIVE 電激ストライカー バルボラ列島侵略計画 第五次侵略計画in大阪
COMIC MARKET 80
KISHIDA KYODAN & THE AKEBOSHI ROCKETS POPSENSE LIVE TOUR 2011 in OSAKA
また奥深い講演が生まれちまったな… 2011
Rita Anniversary Live 2012 -Way to TO-DAY- in OSAKA
COMIC MARKET 82

過ぎ去った月日

更新カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
マイBlogバナー

マイBlogバナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。