スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗜虐的嗜好

前書き
ちょっと今日のネタは情報だとかそんな世間様に生易しいものでなくて、このブログ本来の目的に則って「自分の嗜好」を何時もより三倍増しで垂れ流してお送りします。


皆様は休日が連続して続く黄金週間をどのようにして過ごしていたのでしょうか?自分は自由時間の大半をバイトに費やしました。
嗚呼かなたが~はてまでとんでゆく~。(???)
しかしその甲斐があってか、バイト代を軽く計算してみた結果、当面の目標最低基準(g-senef)は買収できる金額になったのでとりあえず一安心。
バイト自体も遅々とした歩みですが慣れてきました。初出勤時のような緊張感とはもはや無縁です。出勤二日目のような倦怠感とも無縁です。しかし如何せん動作が拙いので未だにリストラクチャーの恐怖に慄いています。
普通に仕事する分(レジ打ち)にはまず問題はなくなってきましたが、仕入れとか検品とか在庫の補充とかメール便・宅急便・公共料金の対応など覚えることは山積みです。
……覚える以前にクビにならんようにがんばろう…。

さて、そんなバイトに埋めつくされていたスケジュールだったので更新もサボタージュしてままならなかった忙中でもしっかりと買収できるものは買収していたりしています。一応自称オタである故に漫画にラノベも補給しております。
で、つい最近買収した世界卵(英訳:ワールドエンブリオ)最新4巻を読んでいたある時、
ちょっと自分の性癖について気づかされました。

今回取り上げているワールドエンブリオを例に挙げれば、普通の読者ならもう一人の主人公でありかなりクール系なヒロインであるレナが、


作品上初めてのデレ

と、作品上初めてデレる瞬間を垣間見たときに、心の奥やら脳髄からそれはそれはピンク色のオメデタイ何かが出てくることは必死でしょう。
所謂ツンデレ(ツンツンしたやつがデレる)?なのかな??いやむしろクーデレ(クールなやつがデレる)???
言葉の定義って難しいものだのぅ。

ともかく、一般にならヒロインがデレる瞬間というのがシリアスでギスギスフィーリングな雰囲気の世界観に一種清涼剤として作用してとてつもない輝きが放たれます。
そこにときめくのもまた一興。
しっかし、個人的に一番ヒロインに魅力を感じた(抽象的に言えばグッときた)瞬間と言うのが、



種類問わずグッとくる瞬間

種類は問わず涙を流すとき。
思わずこのコマを見たときに得体の知れないものが脳内を駆け巡りましたよ。
嬉涙でもいいし悲涙でもいい。とにかくヒロインが涙を流してしまうと言うシチュエーションに一番魅力を感じるのです。

で、だ。
ちょこっと本棚に仕舞ってある忘れ去られた作品とか読み返してみたものから、自分の求めるものは何か探してみたりしてました。
まず最初に気に入った例を挙げてみると、

美鳥の日々最終8巻クライマックス直前の別れのシーンより。
最後の瞬間

笑顔を浮かべつつも隠し切れない悲しみを涙に浮かべているそんなシチュエーションに理性の壁が砕け散りそうで正常じゃなくなって来そうだから何とか助けてくださいってお願いしてみたりするテスト。
……ゴメンなんかもういろいろ無理かも。

涙を流す状況は多々在れど、どの瞬間が自分にとっての一番なのか…。
そうやって丸1日無駄に潰して自分を見つめなおしたり過去の軌跡そのものの膨大な資料(マムガラノベドウジン諸々)を漁ってみた結果、少しだけ自分の求めているものがわかったりしました。

たとえばこーんなかんじの場面とか。




例その1 まほらば7巻「告げる夜」より。
例その1 1/2

                                   
例その1 2/2



例その2 魔法少女リリカルなのはA's THE COMICS「エースたちのそれから」より。
例その2 1/2

                                   
例その2 2/2


つまりは!悲しみに耐えて涙も我慢しているときに限って、支えてくれる人から「泣いていいよ」と後押しされてしまい最後の壁が崩れるその瞬間!!!
ちょっとかっこよく決めれば「慟哭」とかそんな言葉がぴったりの状況とかそんな感じ!!
こういったシーンを見たり聞いたりする度にね、こう、何というか…背筋が良い意味でゾクゾクスル。恍惚とはまさにこの為の言葉なんだなぁ、と再認識することしきりです。

…………………………………。


つまり自分はSっ気があるということなのだろうか?(大爆)


Todays,BGM・魂の慟哭/MW
何となく名前で選んでみた。正直今回のテーマにぴったり過ぎる曲名だと思う。
曲の中身自体はハイでポップなナンバーでむしろテーマから遠ざかっている気がするけどきっと気のせいではないはず。
自分自身のこと
管理人の動向(Twitter)
最近の音楽(Last.fm)
コメント
トラックバック
ブログ内検索
記事カテゴリ
RSS
来てくれた人たち

別運営
相互様



udkの雑記帳





散録イリノイア

怠慢な日々

なんだかだるい





よい子わるい子ふつうの子

るいんずめもりぃ

ブログ内企画モノ

バトンリレー
クイズこれなんてエロゲ?
I've好きに101の質問
KOTOKOソングバトン
語尾変換バトン ~グレ(以下略)~
謝肉祭
四月愚者の日
漆黒のシャルノス サポートページ
エイプリルフール2009記事まとめページ
2009年10大ニュース企画まとめページ
エロゲーブロガーへの66の質問
2010年度エイプリルフール記事まとめ
2010年 エロゲ10大ニュース
2011年度エイプリルフール記事まとめ
2011年 エロゲ10大ニュース
2012年度エイプリルフール記事まとめ
2013年度エイプリルフール記事まとめ

参加イベント

SHORT CIRCUITⅡトークand握手会in OSAKA
KOTOKO LIVE TOUR 2007 WINTER in OSAKA
COMIC MARKET 73
Music+Mediamix Market in OSAKA
AKABEiSOFT2 Combination Sales Event 2008 OSAKA
COMIC MARKET 74
COMIC MARKET 75
I've in BUDOKAN 2009 ~Departed to the future~
Windmill Ko-Cha Sign Event in Osaka
COMIK MARKET 76
Animelo Summer Live 2009
COMIC MARKET 77
COMIC MARKET 78
京都SFフェスティバル
COMIC MARKET 79
Music+Mediamix Market 2011 SPRING
OVERDRIVE 電激ストライカー バルボラ列島侵略計画 第五次侵略計画in大阪
COMIC MARKET 80
KISHIDA KYODAN & THE AKEBOSHI ROCKETS POPSENSE LIVE TOUR 2011 in OSAKA
また奥深い講演が生まれちまったな… 2011
Rita Anniversary Live 2012 -Way to TO-DAY- in OSAKA
COMIC MARKET 82

過ぎ去った月日

更新カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
マイBlogバナー

マイBlogバナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。